人気ブログランキング |

よりよい混植をめざして(K.E.Ariesの場合)

K.E.Ariesは、漢字書体「龍爪」に対応する欧字書体として制作した。制作の参考にしているのは、フランス人の印刷者ニコラ・ジェンソン(1420?−1481)が製作した活字が用いられている『博物誌』(1472年)のこのページである。

a0386342_20154582.jpg


制作にあたって、ここにあるだけのキャラクターを抜き出して、アウトラインをなぞってみた。Monotype Centaur、Adobe Jenson など既存の復刻書体を参考にしながら、不足のキャラクターも含めて制作していった。Monotype Centaurはブルース・ロジャース(1870−1957)、Adobe Jenson はロバート・スリムバック(1956− )によって設計された、ジェンソンのローマン体の復刻書体である。

a0386342_20154502.jpg


a0386342_20154510.jpg


●『博物誌』(1472年)と「K.E.Aries」の比較

a0386342_20154544.jpg


こうして制作したK.E.Aries を、新しく制作している「陳起」にも組み合わせようと考えている。「龍爪」も「陳起」も宋朝体なので、欧字書体はヴェネチアン・ローマン体と合わせることにしたのだ。「陳起」に組み合わせるのにあたって、日本語フォントのなかの欧字書体だということを意識しながら、全面的に見直している。ウエイトやハイトはいいとしても、特にレタースペースが問題となった。和字書体とのバランスを考えたとき、少しタイトになりすぎているように感じるのである。また、ベースラインの位置も再検討しなければならないだろう。
同じ K.E.Aries でも、「龍爪」から「陳起」へと組み合わせる漢字書体が変わることにより、当然のことながら見直しが必要である。いずれ「龍爪」にも機会を見てフィードバックすることになるだろう。

以下、レタースペースとベースラインを調整する作業である(作業中の画面)。

a0386342_20154540.jpg

by imadadesign | 2016-02-21 14:59 | 書体雑記帳[欧字書体] | Comments(0)