人気ブログランキング |

千字文断章「倫敦」(2015年9月)

今月は「倫敦」です。『座右之友』(東京築地活版製造所、1895年)の86ページおよび『富多無可思』(青山進行堂活版製造所、1909年)の47ページに掲載されている「五號アンチック形文字」を参考にして再生した書体です。

a0386342_20153929.jpg

背景の写真は、自分への土産として中国で購入したものです。

a0386342_20153890.jpg

他にいい参考資料が見つからず、サンプル数も少ないのですが、それでも漢字書体のアンチック体を再生したいと思ったのです。
試作の手順としては、他の書体と同様に「五號アンチック形文字」を拡大したものをテンプレート・レイヤーに置き、アウトライン・レイヤーで再現しました。「五號アンチック形文字」は小さいものでしたので、拡大してみるとかなりガタガタになります。そこにどうしても解釈しなければならなくなります。
「五號アンチック形文字」は、もともと江戸時代の看板文字などに近いようにも思われますが、試作にあたっては『BOOK OF SPECIMENS』(平野活版製造所、1877年)に掲載されている欧字書体としてのアンチック(Antique)を意識し、より現代的に解釈することにしました。
(参考:古いゴシック体とかアンチック体とか)
「五號アンチック形文字」に例示された49字を制作して、筆法・結法・章法を固め、書風の方向性を見出し、書体見本12字、それから千字文の冒頭96字へと進めているところです。

a0386342_20153965.jpg
a0386342_20153950.jpg
a0386342_20153911.jpg


「倫敦」は試作書体の段階で、和字書体「おゝことのは」を混植してみながら、調整を繰り返すことになります。これからも「倫敦」への長い道は続きます。




by imadadesign | 2015-09-17 13:53 | 書体夢想曲[千字文断章] | Comments(0)