人気ブログランキング |

「くみうた」クランのゆくえ(2)

「くみうた」クランは、和字(かな)書体とした。もちろん、日本語を組むためには漢字書体、欧字書体も必要だし、制作したいのはやまやまだ。「くみうた」クランでは全体的な構想を優先したいが、零細企業では資金も時間も労働力もない。残念ながら、それが現実だ。
 そこで、他社の書体との混植を想定して制作することにした。どこか特定のメーカーということではない。主要なメーカーを、「くみうた」クランでつないでいくというのも愉快なことではないかと思った。
 明朝体、ゴシック体のファミリーまでなら多くのメーカーで制作されているが、楷書体、行書体、隷書体を揃えているメーカーは少ない。しかも明朝体、ゴシック体ほどには、楷書体、行書体、隷書体に力を入れていないように思える。使用状況を考えるとやむを得ないことだろう。
 株式会社モトヤで公開している、字数を限定した「お試し版」をもちいて、「くみうた」クランとモトヤフォントとの組み見本をつくってみた。

a0386342_20150349.gif


a0386342_20150364.gif


a0386342_20150320.gif


a0386342_20150356.gif


a0386342_20150391.gif


 モトヤフォントを想定して制作したわけではないので、とくに楷書体、隷書体、行書体では、太さ、大きさなどが必ずしもしっくりしているとはいえない。同じウエイト表記であっても、メーカーによって微妙な違いがあるのだ。
 今後は、たとえば「モトヤフォント用」「イワタフォント用」というような、各メーカーに対応したバリエーションを、微調整しながら作るという方向もあるのではないかとも思う。しかしながら、需要が見込めるという状況ではないので、実現できるかどうかはわからない。
by imadadesign | 2013-09-07 12:24 | 書体雑記帳[ほしくずや] | Comments(0)